So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

本当の自分 [記録]

やっと本当の自分を綴る日が訪れた。本当は醜い自分を…

6月末、父は静かに旅立っていった。

葬儀も四十九日の法要も、継母と兄嫁は予想通りお客様状態で何一つ手伝う事は無く、私は親戚、そして近所の人達に助けられながら淡々と終わらせていった。いや?本当は私達家族、親戚側と、継母を中心とする父の取り巻き側とで揉めに揉め、思い出したくも無い葬儀だった。

兄嫁は兄を施設から連れて来る努力もせず、兄と父は別れすら出来きないまま全ては終わってしまった。
継母は亡くなった父の肩書き、社会的地位だけを気にかけ、その父の『可哀想な奥様』として父の友人に扱われれ葬儀に参列する事だけにしか関心を示さず、親戚や近所の方々への挨拶一つする事はなかった。そして、
葬儀、四十九日が過ぎると…お決まりの相続争いが始まった。全く先が見えない状況に私は呆れ、疲れ果て、全てを放り出し、自宅へ戻って来た。

それまでの実家での生活も、耐え難いものであった。
母の位牌と共に継母と過ごす、それ自体が辛い事であった私に、継母は父に携わってくれている多くの人達への不平不満を毎日毎日、朝から晩まで聞かせ続けて来た。
継母には、人への感謝という心が全く見られなかった。
継母の介護は自己満足の何物でも無かった。
在宅介護を選び、家族の見守る中、自分が手掛け愛でた庭を見て過ごしながらも父は、辛い医療処置を毎日受けていた。
「お父さんの為なんだからね。がんばってね。」と継母に言い聞かされ、受けさせられていたのである。最後の最期まで父は頑張らされ、継母の為に生かされ続けていた。
あれはもう虐待の何ものでもなかった…
毎日来てくれている看護師でさえも、明らかにそう思っていた。看護師、医師の医療指示さえ帰ってしまえば無視し、ケアマネをしている実の娘のアドバイスも聞く事はせず、母の意地とも言える介護が続いた。私はそれに付き合わされた。
私には「辛い…嫌だ…」とハッキリ言いながらも、継母の前では「うん」と処置を受け入れてしまう父。
最期となった日だけは何も起こらず何もせず、お世話になった方々も見守る中、静かに旅立てた事が救いだった。

これで全てが終わった…

そう、私は予想していた通り、父の死を悲しんではいなかった。正しくは、悲しむ事など出来なかった。

自分の気持ちを押し殺し、平穏な生活だけを願い、耐え続けた27年間の継母との関係が、これて終わる…
亡くなった母、重い後遺症の為に施設で暮らす兄、未だ完治せず鬱病を患いながらもなんとかパートに出ている姉、そして私を暴力で支配し、苦しめ続けていた父との生活が終わる…

その安堵感で、私はいっぱいだった。

二十歳で家を出て後、自分の記憶から消していたもの。自分の心を守る為に自分自身の記憶を奥底に閉じ込め、生活し続けていた私。
それが皮肉にも、父の死と同時に蘇って来たのである。

そう私はDV家庭で育った人間なのである。

父が死ぬまで、近所に住む従姉妹にさえ父の暴力は話した事が無かった。夫にさえも…
父は家以外では、温厚で頼れる人なのである。親戚からは優しい大好きなオジさんだったのである。
でも私達兄弟間では、誰一人口にしてこなかったが、父をこのまま見捨てても、罰は当たらないよね!と言う同意は取れていた。

それでも私は居を移し、父の介護をした。
しかし私の父への介護は、愛では無い。
人として、子どもとしてするべき義務を果した…それだけである。
息子の母親として恥ずかしくないよう、家族の姿、人としての生き様を見せたかった。それだけである、

そう言いながらも私は、父の介護を本当に一所懸命した。幼い頃から経済的には何不自由無く育てて貰った感謝の気持ちを込めながら、心を込めて接した。
そして父の苦しむ姿を見て、本当に可哀想だと思った。

でも…『死に様は生き様』とは、よくいったものだ

可哀想と思いながらも私は、
「あなたが選んだ女房が望んでしていること。これがあなたの人生。あなたの終わり方。」
と心の中で呟いていた。そう呟く自分が醜く怖かった。

誰の言う事も聞かず、自分勝手に生きた父の『生き様』のお陰で私と姉は今も尚、新たな問題に苦しめられている。
出口が見えない、新たな戦いである。
兄さえ元気で居てくれたなら…

他人の事など、どうでもいい!!自分さえ良ければ…
あの他人の二人の様な考え方、どうしたら思いつくのだろう…そんな人生、どうしたら送れるのだろう
『生き様が死に様』
そう思うと、私には出来ない
この先どう決断し、生きて行けばいいのか分からない…

気が付けは、今日は父の誕生日である。
「おめでとう」なんて、もうこれからは言わない










nice!(8)  コメント(4) 

今頃になって・・・ [気持ち]

仕事も辞め、あとは荷物の整理をして行くだけ。

もう引き返せない、前を見て歩んで行くだけ!

ただ一つ不安なのは、

私は本当に母の思い出と共に、継母と一緒に笑顔で暮らしていけるのであろうか。

来月には新しい生活が始まるというのに・・・

そんな事を考えている私である。



近づく現実 [気持ち]

気がつけば、季節は晩秋・・・いや、ここはもう冬

今年も残すところ一ヶ月ちょっと

来年度の契約更新の意向調査書が届き、ついに今年度で辞める旨を伝えた

今までの私の生活は夢では無かった、現実のものなのだ! 

怖い・・・ただただ怖い

どんなに大丈夫!と自分に言い聞かせてみても

夜中まで持ち帰りの仕事をしてみても

みんなが呆れるほど、大好きなLIVEに行って「楽しい」と明るく振舞ってみても

一人になると怖くて震えてくる

怖くて叫び出しそうになる

目を瞑ると涙が溢れてくる

そして、そんな私を忘れ去りたいから、また明るく楽しそうに振舞う

その繰り返しをしながら月日は流れ、いつの間にか三月末を迎えるのであろう


来年の5月には、年老いた父と継母の待つ実家へ、病に伏している姉と兄の待つ故郷へ

夢では無い現実の世界へ、一人で帰る私である

今の私を保つ物は、音楽しかない・・・





  訪問ありがとうございます[バー]









未来へ向かって [気持ち]

息子が大学生になり、この家を出て行って早いもので2ヶ月が過ぎた。

最後の最後まで夫は、至れり尽くせりの手の掛けようで・・・

学生一人暮らし男子のアパートの中は、無い物は何も無い!といった充実振り。

そうね~あと足りない物は、お嫁さんくらいかしら・・・^^;

仕事が忙しく休めなかったに私に代わり、アパートも父親と探し、決めて来た息子。

出て行く息子は、予想通り・・・淡々としたものだった。

勿論!引越し当日は一緒に行った。

落ち着いた翌日には、近くのレストランで旅立ちを祝い食事をした。良い1日だった。

しかしその後、私への連絡は無い。何かある毎に連絡してくる先は父親の方にである。


男の子なんて、こんなものだ!と言い聞かせてみるが・・・

私には拭い切れない過去がある

やっぱり息子は私を許していないのでは無いか?

私となんかもう、話もしたくないんじゃないか!

離れられて、清々しているんではないか?

そんな想いが毎晩、私を襲ってくる。

自分の思うように趣味を優先させ、何者にも煩わされず、心穏やかに過ごす事で

乗り越えられたと思っていた気持ちだったけれど、何も変わっていなかった。

過去は消えて折らず、今でも私に襲い掛かってくるのであった。


息子は、これから「楽しい」を沢山手にいれ、夢を追いかけ、大きく成長していくのだろう。

息子が幸せになってくれれば、それでいい。

私との辛かった生活は、夢か幻だったのだと思い、忘れてくれた方が良い。

私を見ない、声を聞かない事で忘れられるなら、それで良い。

それが正しい選択である。


そして私は、今年度で仕事を辞め、先に実家に帰る事を決心した。

主人の仕事は直ぐには辞められない。家の処分もしなくてはならない。

でも全て終わるのを待っている時間は、もう私達?私の実家には無いのである。もうここまで!

父と継母の待つ実家へ、病みながら一人で暮らす姉と、施設で放っとかれて居る兄が待つ故郷へ

私は来春、帰る事を決めた。 そう!この土地と、さよならする事を

この先どんな未来が待っているのだろう・・・





悲鳴 [こころ]

姪も私も、もう限界である。

姉を更生?自立支援?治療?とにかく施設か病院に入れる事を2人で決心した。

悲鳴が聞こえてくる。

姉の 姪の そして私の・・・

元を辿れば姉も被害者 姪も被害者 私も被害者

そして、みんな当事者

どうしてこんな事になってしまったんだろう私達家族は・・・

いつからこんな事になってしまったんだろう私達兄妹は・・・

とにかく前に進まなくては

姪の幸せを守らなくては 

私達の生活を守らなくては

それが今の私に課せられた役目


前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。